2018年7月大阪、8月東京、10月名古屋、2019年2月東京 JILS主催「2018年度 物流技術管理士補資格認定コース」にて戦略コンサル部 中谷・貞が講師を務めます

2018年7月大阪、8月東京、10月名古屋、2019年2月東京、JILS(公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会)主催の「物流技術管理士補資格認定コース」にて弊社戦略コンサル部 部長 中谷/コンサルタント 貞が講師を務めます。

物流技術管理士補資格認定コース(旧 物流技術管理士補スクーリング)とは

【ロジスティクスに関する基礎知識 → 実務で応用】
習得している物流・ロジスティクスの基礎知識を、実務で物流合理化策を立案する際にどのように応用すればよいのか。
本コースは、企業事例をベースとしたグ ループ演習にて、より実践的に経験していただくことを目的としております。
また、本年度はより実務に即し た仮想企業を題材にしたグループ演習に取り組んでいただくため、ケーススタディの事例を刷新し、カリキュラムを見直しました。


【コースの特徴】

実践的なグループ演習を中心とした、受講者参加型のプログラムです。
・様々な知識・知見・経験をもったメンバーとのグループ演習を通して、新たな視点や取り組みのヒントを得ることができます。
・本コースを修了された方には、当協会より「物流技術管理士補」の資格を授与いたします。
・2017年度から、JAVADAのロジスティクス検定(ロジスティクス管理またはロジスティクスオペレーションの2級もしくは3級)の合格者も受講可能になりました。(企業での実務経験を有する方)


【2018年度】
大阪         2018年7月24日(火)~25日(水)   大阪/大阪リバーサイドホテル(大阪市都島区)
東京(夏)    2018年8月23日(木)~24日(金)   東京/タイム24ビル(東京都江東区)
名古屋        2018年10月4日(木)~5日(金)    名古屋/名古屋銀行協会(名古屋市中区)
東京(春)    2019年2月14日(木)~15日(金)   東京/タイム24(東京都江東区)


【受講資格】

1.JILS「ロジスティクス基礎講座」修了者
2.(学)産業能率大学「物流の仕事がわかるコース」および「物流技術を極めるコース」両コースの修了者
3.流通経済大学流通情報学部ならびに大学院物流情報学研究科における所定単位取得者
4.中央職業能力開発協会( JAVADA)のロジスティクス検定の「ロジスティクス管理」または「ロジスティクス・オペレーション」の2級もしくは3級の合格者かつ企業等での実務経験を有する方

(日本ロジスティクスシステム協会 『物流技術管理士補資格認定コース』パンフレットより)