2018年5月10日(木) ジャパントラックショー2018にて、「3PL企業が描く物流の未来」のパネルディスカッションに弊社社長 藤田が登壇しました

※終了しました

■開催概要■

名称:ジャパントラックショー2018
会期:2018年5月10日(木)、5月11日(金)、5月12日(土)
10:00~18:00/最終日は17:00にて終了
会場:パシフィコ横浜 展示ホールA・B・C・D、屋外ピロティ
主催:一般社団法人 国際物流総合研究所
後援:国土交通省、公益社団法人 全日本トラック協会、一般社団法人 東京都トラック協会、一般社団法人神奈川県トラック協会、横浜市、FMヨコハマ
企画:ジャパントラックショー2018実行委員会
展示規模:129社434小間 ※2018年4月11日時点
展示面積:約24,000㎡
来場者:50,000人(予定)
展示物:大型、中型、小型、軽などの各種トラック・トレーラ、特装車、特種車、作業車などの商用車、関連機器、部品・用品、物流機器、通信機器、関連ソフト・図書、整備機器・中古車など
来場対象者:トラックユーザー、ドライバー、物流企業、荷主、トラック・架装メーカー、部品・用品関連メーカー、動関連メーカー、プレス、一般来場者など