EC物流委員会

■EC物流委員会のワーキンググループ

一般社団法人日本3PL協会にEC物流委員会という組織があります。弊社は日本3PL協会の会員であり、EC物流委員会の幹事会に所属しています。EC物流委員会は2010年に発足し、「EC業界」と「物流業界(特に地方の中小物流事業者)」の緊密な連携のもと、「EC物流」へ取り組んでいます。その活動は行政や周辺業界、さらには報道関係からも注目を集める存在となっています。

2018年度(2019年6月まで)は、2つのワーキンググループ(WG)により活動が進められてきました。WG1は「EC物流の発展を考える」を、WG2は「物流事業者が未来に向けてすべきこと」をテーマに調査・研究・最新物流施設の視察を通じて研鑽を深めました。

これらの活動成果の発表が毎年恒例で行われています。今年は6月20日に東京・秋葉原にて「成果発表会」が開催され多くの方にご参加いただき、発表に熱が入ったものとなりました。

■EC物流事業のヒントに

WG1は、EC物流の発展とは“時間短縮”であると仮に結論付けした上で、新梱包形態、生産性向上、データ連携等に着目し、今後のEC物流のあり方を考察・検証しました。WG2は、物流環境が大きく変化している中で今後物流事業者がEC物流で生き残るためには何をしなければならないのかを現状の課題を元に、最新物流技術がどのように作用するのかを検証しました。

WGメンバーで共通課題について検討を続けてその成果物を協働でつくることは、知識やノウハウの蓄積はもとより、人的ネットワークの構築にも役立っています。WGを卒業した方々はお互いに頻繁に連絡を取り合い、ビジネスから夜の宴会までつながりが続いているようです。そのような継続的なつながりは、いざEC物流事業を始める上でも「ちょっと話を聞いてくれる?」という相談相手になります。

■2019年度の活動

EC物流委員会にとっては2019年7月~2020年6月が2019年度となりますが、次の2テーマでWGを構成する予定です。

WG1「EC物流とは(初級コース)」※EC物流に携わって間もない方。また、これからEC物流事業を検討されている企業を対象

WG2「未来のEC物流」※業務プロセスの中から調査対象業務を絞り込み、その業務観点を元に、IoTやAI等を活用したシステムやEC物流事業者における体制構築など、「未来のあるべき姿」を調査・研究

 

ご興味のある方は、日本3PL協会までお問い合わせください。

一般社団法人 日本3PL協会 TEL:03-6206-8621
URL:http://3pljapan.com/

(文責:釜屋 大和)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★掲載された記事の内容を許可なく転載することはご遠慮ください。

(ロジ・ソリューション(株) メールマガジン/ばんばん通信第409号 2019年7月3日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*