物流センター新規業務の立上

新しい年になり、新しく何かを始めようかとしている方もいるのではないでしょうか。

失敗しても良いので、何事もまずは始めてみることが大事、とはよく言いますが、新しい物流センターの立上は簡単に失敗するわけにはいきません。

物流センターの新規業務の立上で大切なことは何でしょうか。

  1. あるメーカー系企業の例では、物流センター変更前の既存センターでの手順書を参考にして業務を確認し、既存センターで新規センターのリーダーが研修を受けて業務を把握したうえで立ち上げました。また、既存センターから新規センターへの在庫移動できる日は1日しかありませんでした。荷動きの多くない商品はその移動日より前に徐々に移動することで、一度に移動させる荷物を少なくなるように努力しました。
  2. ある量販店センターの例では、マテハン設備やシステムが重要なポイントであったので、事前にシステムテストを入念に行いました。また、業務をすべて一度に立ち上げるのではなく、店舗を区切り段階的に立ち上げることをしました。これにより、少ない量からだんだんと慣らして業務を行うことができました。
  3. ある食品系企業の例では、在庫移動の際に賞味期限ごとにまとめる、移動させる等の工夫を行いました。一番初めの荷受けやロケーション決めが曖昧であると、その後の作業等で荷物がどこにあるかわからなくなり、在庫差異や荷物を探すことになってしまいます。荷受け側の準備はもちろんのこと、出荷側も協力することで荷物の移動が整理されました。

このような事例をみていくと、やはりどれだけ事前準備がされているかがポイントのようです。

  1. 業務内容、業務条件の確認
  2. 作業員研修、作業内容の確認
  3. システムテスト、システム準備
  4. 移庫出荷側、移庫入荷側の準備や取り決め
  5. 段階的稼働の検討

上記以外にも業種や業務によって様々なポイントや課題があげられるかと思いますが、新しい業務を始める前に改めて確認をしてみてはいかがでしょうか。

(文責:真壁 由香)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★掲載された記事の内容を許可なく転載することはご遠慮ください。

(ロジ・ソリューション(株) メールマガジン/ばんばん通信第375号 2018年1月24日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*